アーサーズカップ 3rd 各タイプ有力デッキの傾向と対策


アーサーズカップ3rdまで、あと1週間となりましたが、使用するデッキは決まりましたでしょうか。

前回はアーサーズカップに使用されそうなデッキを開発で予想させていただきましたが、今回は各アーサーの本命予想のデッキの傾向やカードの対策をしていきます。

傭兵から順番に見ていきましょう!

傭兵デッキの傾向と対策

傭兵デッキはスピードが命となりますので、それに合わせてこちらも序盤から無理に攻める必要はありません。

デッキも「攻撃」に特化しているため、守備が薄くなることが多く、反撃するチャンスも多く存在しています。ただスキル値が高いのでこちらも守備を怠ってはいけません。

傭兵のデッキを組んでいる人には必ずといっていいほどデッキに入っている「【月下氷刃】納涼型ローエングリン」このカードはチェイン置き場のカードが4枚以下の場合、効果が発揮されるため、チェイン置き場が5枚になれば、「支援」からの大ダメージを防ぐことができます。

3コストの時点で「【月下氷刃】納涼型ローエングリン」が「攻撃」のカードを2枚支援できるようになった場合、大ダメージを受けてしまう可能性があるため「【来世の女神】神話型スクルド」でレスト状態にするか、「攻撃」を優先的にさせる「【嵐の三角関係】制圧型金髪のイゾルデ」などでしっかりと対策をしておきましょう。

 

富豪デッキの傾向と対策

「第二型トール」を使用したデッキは、「【騎士】天剋型ライゼル」「【妖精】ドモヴォーイ(蒼穹)」などと組み合わせて大ダメージを与えるため、基本的には5コストで動くデッキとなります。

ですが、序盤から「攻撃」を仕掛けていく「【騎士】闇堕型ローエングリン(漆黒)」などもありますので、中盤から動くデッキと思わず序盤から自分のHPに気をつけておきましょう。

「【多才なる剣姫】第二型トール」の効果はコストを3支払わないと使用できないので、相手のチェイン置き場のカードを裏向きにすることができる「【騎士】神話型スクルド」などを使うことでコンボを遅らせることができます。

また、ダメージを受けなければ「【器用貧乏】第二型トール」から進化している「【多才なる剣姫】第二型トール」はカードを引くことができないので、「支援」などをされない状況を作ると効果的です。

そこに当てはまる対策カードは「【嵐の三角関係】制圧型金髪のイゾルデ」ですね。
コストを支払う必要がなく、いつでも使用することができるので、「イゾルデ」を手札に握っておけば、「支援」されにくくなるので、ブロックもしやすくなります。

 

盗賊デッキの傾向と対策

「ガレス」は中盤から終盤かけて動くデッキとなりますので、序盤は「妨害」と守備を固める動きをします。そのため、序盤はこちらからどんどん攻めていきましょう。

ただし、「【円卓の双槍士】制圧型ガレス」がベースエリアで進化していた場合、全ての「ガレス」が「攻撃」できるようになるため、この点には注意が必要です。

「【円卓の双槍士】制圧型ガレス」は自分のチェイン置き場の青のカード2枚につき、相手の全てのカードのスキル値か守備値を-1することができるので、バトルエリアに出てしまったらブロックするのはかなり難しくなります。

しかしながら、マイナスされなければ、なんてことはありません。「【暴虐のオアム】リンドブルム」「【天剋の肆】天剋型ヴィヴィ」の「守備値が変更されない」効果をうまく使っていきましょう。

また、相手の下げる効果を逆手にとって強化できる「【堕ちた正義】闇堕型オイフェ」も有効です。

 

歌姫デッキの傾向と対策

歌姫デッキはやはり「回復」がメインになるため、減らしても、減らしてもHPを回復される可能性があり、守備値の高いカードが多くあるため、序盤に決着をつけるのはなかなか難しいと思います。

「攻撃」は得意ではありませんが、「支援」は一級品のカードが多いため、中盤以降に「攻撃」と「支援」のカードが並んだときには一気に押し切られることがあるので注意しましょう。

序盤に「【天剋の肆】天剋型ヴィヴィ」がベースエリアで進化したら要注意です。
このカードがベースエリアにいればHP回復、バトルエリアに出てくれば強力な「支援」となり、大ダメージを受けてしまう可能性が高くなります。

そのため、「【灼熱の大鷹】第一型ガウェイン」「【一筋の涙】絢爛型カーネリアン」など相手の「攻撃」に合わせて自分の守備値を上げるカードでしっかりとブロックしていきましょう。両方とも「支援」のカードですので、HPに余裕があればブロックせずに「支援」することで反撃にも使用できるカードとなります。

——————————————–

今回はアーサーズカップで使用されそうなデッキの傾向と対策をしてみましたが、いかがだったでしょうか。

各デッキの動きの傾向に合わせてデッキの再調整をしてみてください。

もう一度見てみたら思わぬ穴が見つかるかも知れませんよ。

それでは、来週のアーサーズカップ3rdでお会いしましょう!